コスメの知識

最新のお知らせ

シミを改善するにはまず原因を知る

お肌に広がったように出来てしまったシミに気付くとゾッとしてしまいますが、
早めにコスメティックスで対策すれば、何とか抑えることが出来ます。

早めの対処

とはいえそれが肝斑の場合は、通常のシミとは治療法が違うので注意するようにしたいですね。
肝斑は最近になって耳にするようになった言葉です。

ですので、今まで通常のシミと同様に思っていた方も多いのではないでしょうか。
単なるそばかすだと思っていた方もいるかもしれません。
ですが実はこうした種類のシミがあるのです。

まずは自分のシミがどういうものなのか。なにが原因なのか。
最近はシミの原因や治療の研究が進みこうした認知にもつながっていると思います。

コマーシャルなどでも専用に治療が紹介されるようになりました。
肝斑にはトラネキサム酸などの内服薬による治療がおすすめですが、
下手にレーザー治療を受けると悪化する恐れがあるので
自分はどちらなのかを知っておくことが大切です。

ではシミと何が違うのかというと、左右対称に広がっているかいないかにあります。
そばかすのようにも一見見えます。

もしかしたら、そばかすだと思って諦めている方もいるかもしれません。
鏡を見たときに、左右対称になっていたら、肝斑の確率が高いので覚えておくようにしましょう。

鏡

もし自分で判断がつかないようならば、一度専門家に見てもらうのもいいかもしれません。
皮膚科や美容外科です。
特にシミ治療を行っている美容外科なら安心です。

どちらも対策用のコスメティックスが出ているので、まずはそれを使って様子を見るようにしたいですね。
コスメティックスを使ってもいきなり効果が表れるわけではありませんが、
徐々に薄くなったり、消えたりするので、毎日使うことが大切です。

コスメティックスでも効果がなかった場合は、美容整形外科で相談してみるようにしましょう。